>
会社案内

会社案内

    代表取締役 社長

      野村 茂

 社長メッセージ

土佐酸素は社会と人々の明日のために、快適な暮らし豊かな環境をつくり続けたいと願っています。

永年培ってきたガスエンジニアリング技術を基に、社会のニーズに合ったより高いクオリティーと信頼性のあるトータルガスシステムを構築します。

そして医療・半導体分野をはじめ、あらゆる先端産業のガスに対するニーズをサポートしようと考えています。

さらに、ガス事業を越えた新しい分野に活動のフィールドを広げ、自然との調和を大切にした技術で、素晴らしい地球と人々の未来に向け貢献してまいります。

 

 会社概要

社 名 土佐酸素株式会社
創立 昭和18年 5月26日
 業種 高圧ガスの製造並びに販売
工業ガス関係の各種機械・機器及び材料の販売
ガス使用の生活関連機械・機器及び材料の販売
医療品・医療用機械の製造並びに販売
毒物・劇物の販売
食品添加物の製造並びに販売
消防関連の設備機器及び材料の販売
駐車場の経営
管工事業・塗装工事業・機械器具設置工事業・消防施設工事業
各種高圧ガス設備機器類の組立・加工・検査・メンテナンス業務
空調機器並びに家庭用電化製品の販売
衣料品・靴・皮革製品並びに日用雑貨の販売
レシチン等の健康食品並びに食料品の販売
前各号に附帯関連する一切の事業
 売上高 10億円
 社員数 56名
 主要取引銀行 四国銀行本店・高知銀行本店・みずほ銀行高知支店

 

会社沿革

昭和18年5月 資本金25万円で土佐高圧工業株式会社を創立し本社並びに工場を高知市長浜に置く
昭和19年5月 高知工場にて空気分離方式による酸素ガスの製造を開始する
昭和19年7月 軍需工場の指定を受ける
昭和21年4月 四国商工局特定工場の指定を受ける
昭和24年5月 社名を土佐酸素株式会社に変更する
昭和24年8月 資本金を150万円に増加する
昭和25年9月 本社を高知市農人町に移転する
昭和32年11月 高知工場にて空気分離方式による窒素ガスの製造を開始する
昭和36年4月 資本金を300万円に増加する
昭和36年8月 香川県高松市に高松工場を開設し、酸素ガスの製造を開始する
昭和36年10月 資本金を600万円に増加する
昭和41年4月 資本金を2,100万円に増加する
昭和41年11月 本社を高知市稲荷町に移転する
昭和43年9月 高知工場にて液化酸素、液化窒素による酸素ガス・ 窒素ガスの充填を各々開始する
昭和45年9月 高松工場を閉鎖し、高松営業所を開設する
昭和50年6月 高知工場にて炭酸ガスの充填を開始する
昭和60年12月 三菱電機(株)高知工場設立に伴い高知大陽セミコンダクターズ(株)
(現(株)大陽四國セミテック)を設立し地元企業として資本参加する
平成3年7月 高知県西南中核工業団地(高知県宿毛市)内に宿毛営業所を開設する
平成4年6月 宿毛営業所に隣接して、宿毛工場を開設し酸素ガスの充填を開始する
平成5年8月 資本金を3,150万円に増加する
平成6年8月 高知工場にてアルゴンガス並びに混合ガス
(アルゴンガス+炭酸ガス)の充填を各々開始する
平成10年3月 宿毛工場に容器検査所を開設する
平成13年3月 医療用酸素ガス19.6MPa(200kg/cm3)充填を開始する
平成16年1月

高須営業所を開設する

平成21年12月 空気29.4MPa充填を開始する
平成22年7月 医療ガス充填設備を(メディカルガスセンター)としてリニューアル
平成27年3月 開発営業グループ設立
平成28年9月 四国メディエイチ株式会社をエア・ウォーター・メディエイチ株式会社との共同出資により設立、受託滅菌サービスを開始する。